歌詞

涙のあと

CHEMISTRY

作詞
麻生哲朗
作曲
ハマモトヒロユキ

弱虫だった人は今頃 遠い風景の細い影

かすれた勇気 甘すぎたキャンディ 握りしめて行く旅の途中


どこに立っても 片隅の気分だったあの頃


誰にも 自分だけしか見つけられない遙かな場所がある

どこかで迷った夜は ふいに涙があふれることがある

憶えていますか? ふざけて作った歌を


震えた肩を離した事を 本当は少し悔やんだ日

古いバッグを抱えてた背中 遠く消えるまで振っていた手


「オトナになる」と 片づけることをやめた足どり

`

どこかで 迷った夜に強くつむった瞳にあふれてく

涙が作った虹の向こうに 君の明日がそっと光る

届いていますか? 今くちずさんだ歌が


破り捨てて 貼り合わせて 折りたたんで 広げてみた

ちぎれた地図に なくせない地図に こぼれ落ちて消えた


涙が作った虹を辿って 君は地図の果てに行ける

誰にも 自分だけしか見つけられない遙かな場所がある

どこかで迷った夜に 強くつむった瞳にあふれてく

涙が作った虹の向こうに 君の明日がそっと光る

憶えていますか? 二人でふざけてた歌を

提供: うたまっぷ