歌詞

GOING HOME

ゆず

作詞
ゆず
作曲
北川悠仁

どれくらいの時間が過ぎたろう どれほどの泪を流したんだろう

通り過ぎてった幾つもの足跡 行くあてを探す度立ちつくす

夢を見ていたあの日の僕等 それだけでただ明日はやって来て

小さく強く光るそんな光を ずっと追いかけてただけだった


町外れの遠い記憶が 泪でかすんでた

もうだめだと思ったその時 想い出すのはいつかの帰り道


すべてなくしてもまた始めればいい

こぼれそうな泪を拭いて 目を閉じればあの日と同じ空が見える

GOING HOME 瞳を閉じて GOING HOME 泪を拭いて

GOING HOME 君の心へ GOING HOME


繰り返されていく日常の風 変わり続けていく街の景色

どこまで行けば辿りつけるだろう 今もまだ僕等旅の途中


また一つずつ 募る寂しさを 踏みしめて歩き出す

いつかきっと またあえるその日まで サヨナラはしまっておくよ


いつの間にか手にしたものもあるけど

かけがえのないものは たった一つこの手の中に今も抱きしめてる

GOING HOME


すべてなくしてもまた始めればいい

こぼれそうな泪を拭いて 目を閉じればあの日と同じ空が見える

GOING HOME 瞳を閉じて G0ING HOME 泪を拭いて

GOING HOME 君の心へ GOING HOME

GOING HOME・‥

提供: うたまっぷ