歌詞

銀河行き

GOING UNDER GROUND

作詞
松本素生
作曲
松本素生

昼間よりは少し 静かな街道で バスを待って座る

安っぽい綿毛に守られた世界を 排気ガスにさらす


青春の響きに生かされた僕らを 自販機が照らす

「昔話はもうやめよう」って目をそらす頼りない背中


作りかけのアスファルトで 忘れそうさ草の匂い


逃げ腰の僕らを試すような雨が降った

本当の気持ちは胸の奥でうずくまったまま


路線図をたどって 終点を探せば そこだけにじんでる

ヘッドライトが近づく昨日までのユウウツをほどく様な瞬間


そっけなく問いかける「乗りますか?」「乗りませんか?」


最終バスに揺られ ヘッドフォンの懐かしい歌

最終バスはうなる「涙 経由 銀河行き」


最終バスに乗せた あの日のかすれた声と

ふくらんだ未来を 映し出したヘッドライト


何処へだって行けるし 何処へだって帰れるさ

最終バスはうなる 「涙 経由 銀河行き」

提供: うたまっぷ