歌詞

記憶の万華鏡

dorlis

作詞
dorlis
作曲
dorlis

会えない日だけ交わすメールで

あの頃は満たされていたの

週末にはあなたの寝息に

抱かれ夢を見ていた


充電切れの合図鳴るまで聞いていたい

片道5時間のこの距離を埋めて


愛しくて...愛しくて頼り無い電波が

それだけが二人を繋いでるの

思い出をめくる度笑顔に照らされて

形を変える記憶の万華鏡


星が降る空と雨が降る空

遠い二人の天気予報

留守電の声聞き返して

寂しさ埋めたり泣いたり


こめかみ響く声掴めそうに近いのに

あなたは胸まで伸びた髪も知らない


思い出を抱く度に独りに慣れてゆく

あたしだけ知ってる寝顔恋しい

重なった胸のリズム今も優しく揺れ

涙で輝く記憶の万華鏡


笑い方 爪の形 手の握り方もね

特別な呼び名もキスの角度も

この腕がこの肌が隙間なく身体中

混ざり合った温度を憶えてるの

思い出に溶けてゆく溜め息の数だけ

咲かせた華記憶の万華鏡

提供: うたまっぷ