歌詞

夏空の恋の詩

w-inds.

作詞
Kiyohito Komatsu
作曲
Kazuhiro Hara

白く光る波が

そっとささやくように

かすかな恋に揺れて

夏は始まる


なだらかな海岸線は

まるで恋心のように

ゆるやかにカーブ描き

君と僕を導くよ


走り出した僕たちが

加速する夏に

君への 思いを

伝えたかったんだ

ずっと


洗いたてのシャツを

風にはためかせて

君は僕の隣で やさしく笑う Oh

そして今二人の

始まりかけた恋

思いはゆるやかに カーブ描いて

高まるこの気持ちが

叶うように Oh

たしかなこの思いが

伝わるように


なだらかな道はいつか

真っすぐに君へとのびて

どこまでも続く先に

遠く逃げ水は光る

砂浜に止めた車

思い伝えたくて

水面(みなも)が夕凪(ゆうなぎ)に

変わるその前に

きっと


砂まみれのサンダルを

波で洗いながら

君はうつむいたまま 言葉を待って Oh

そして僕が君に

伝えた一言に

君はそっとうなずき 笑顔をみせた

夏空に恋が今

舞い降りて Oh

握りしめたその手に

愛は宿る


やがて凪(な)いだ海も

朱く染まる空も

全てがゆるやかに 二人包んで Oh

きっと僕らは今

たった一度だけの

出会いをこの夏に見つけたんだろう

夏空の恋の詩


奏でよう Oh

変わらぬ気持ちのまま

いつまでも

提供: うたまっぷ