歌詞

小さな恋の夕間暮れ

森山直太朗

作詞
森山直太朗/御徒町凧
作曲
森山直太朗/御徒町凧

南へと向かう 背中丸めた飛行船

見上げた横顔 いつもと同じ交差点


強がった時の 不安定な君が

何故だろう、愛おしく そっと抱き寄せた


踏切で途切れた言葉 夕映えに染められて

唇が象った「サヨナラ」

小さな恋の夕間暮れ 君と歩いてた


黄昏の空に 行き場なくした異邦人

知らない街から 届く枯れ葉の便箋


過ぎ去った時を 追い掛けてはしゃぐ

君の目に浮かんだ 遠い日の別離


夕暮れに滲んだ涙 棚引く千切れ雲

枸橘の木陰に凭れて

覚めない夢と知りながら 君を愛してた


踏切で途切れた言葉 こんなにも恋しくて

唇が象った「サヨナラ」

眩い季節に抱かれ――


遠ざかる君の背中 人波に攫われて

最初から分かっていたんだ

小さな恋の夕間暮れ 君と歩いてた


小さな恋の夕間暮れ 君を愛してた

提供: うたまっぷ