歌詞

真夏の星空は少しブルー

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

静かに暮れてゆく町の光りを

僕は君とふたりで見つめてた

町も夢も木々も全てを忘れて

遠い遠い町まで走りゆく

ふたりだけの小さな旅へゆこう

ビルも夏も風も全てを忘れて 忘れて


優しい歌を聴いた

タ日に照らされてる

光る波を見ていた

ふたりの影が揺れた

ながく揺れていた


遠い遠い空へ

吸い込まれてゆくよ

僕らは手を繋(つな)いで

このまま少し眠ろう

このまま眠ろう


真夏の星空は少しブルー

静かに流れゆく小さく囁いて


遠い遠い町まで走りゆく

あてのないまますべるようにゆくよ

町も夢も木々も全てを忘れて

提供: うたまっぷ