歌詞

夢のかけら

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

夢のかけら僕らは

いつまでも追いかけるのさ


君はネコで俺は嘘つき

破裂しそうな夢の狭間で

ずれてるようなオレの口癖

揺れてる君の横顔


傷つけあったいつもの部屋

上手な嘘だけじゃ

どうしようもないのさ

どんなに抱きしめても


乾いた喉冷たい水を

ぐっと飲んで癒したけれど

右手でそっと髪をかきあげ

醒めてる君のまなざし


過ぎ去った日々を

胸に抱き働いてる


夢のかけら僕らは

いつまでも追いかけるのさ


ふとした拍子君の言葉が

胸に刺さって抜けなくなるよ

「愛してる」とつぶやいてみた

部屋に響いたけれど


癒しあったいつもの部屋

小さな物語

どうしようもないのかい?

どんなに愛してても


過ぎゆく季節も

ため息の日々も

君の笑顔だけ

胸に抱き働いてる


夢のかけら僕らは追いかけるのさ

今なら僕は言える

君のこと愛してると

提供: うたまっぷ