歌詞

一人暮らし

柴田淳

作詞
柴田淳
作曲
柴田淳

いつもと違う私を そんな目で見ないで

心配しないで 少し離れるだけ

旅でもないこの荷造りを 複雑そうに手伝っている

少しでも気が紛れるように・・・ように・・・


あなたの住む家は 私の帰る家だから

ずっと笑っていて いつまでもそこにいて


「私にとってあなたは いつまでも赤ちゃん。

ずっと私の子供でいてほしい。」

こんな大人になった今も 相変わらずそう話している

本当に巣立つ日が来たなら どうしよう・・・


私の住む部屋は 電車で15分くらい

巣立つ練習は ちょっとそこまでの距離


「辛くなった時は いつでも帰っておいで。」

そっと受話器越し 励ましてくれるあなたの声


あなたのいる場所は 私がうまれたところ

ずっと笑っていて いつまでもそこにいて

提供: うたまっぷ