歌詞

雨と夢のあとに

奥田美和子

作詞
柳美里
作曲
平義隆

大きな木に 顔を伏せて かくれんぼをしていた

雨が降り出し 蝉の声が止んで わたしは空を見あげた

きっと あなたはいる 声は聞こえなくても

きっと あなたはいる 姿は見えなくても きっと......

雨が止んだら あなたに逢えますか?

夢が終わったら あなたに逢えますか?

雨と夢のあとに 約束してくれますか?

また逢えると......

もしも 命を落としてしまったとしても

わたしはあなたを待っています


大きな肩に 乗せてもらって 縁日の通りを 歩いていた

雨が降り出し 灯りが消えて わたしは夜空を見あげた

きっと あなたはいなくなる いまはおしゃべりしていても

きっと あなたはいなくなる いまは抱きしめていても きっと......

雨が降ったら あなたに逢えますか?

夢がはじまったら あなたに逢えますか?

雨と夢のあとに約束してくれますか?

もういなくならないと......

もしも 星が流れてしまったとしても

わたしは空を見あげます


雨が止んだら あなたに逢えますか?

夢が終わったら あなたに逢えますか?

雨が降ったら あなたに逢えますか?

夢がはじまったら あなたに逢えますか?

雨と夢のあとに約束してくれますか?

また逢えると......

もしも 命を落としてしまったとしても

わたしはあなたを待っています

提供: うたまっぷ