歌詞

ワルツ

スネオヘアー

作詞
渡辺健二
作曲
渡辺健二

開かない瞼こすって見える

パステル模様の未来に

散りばめられた記号を辿る

手繰り寄せた表情


ねえ、何だっけ 探していた物

あれは、そうね いつだっけ

僕等が引力に逆らいながら出会った頃


それはワルツの様だね 不思議さ

ささやく様な木漏れ日の交差点で

二人ワルツの様にね 廻りながら

描き出してゆくもの


温めすぎた想いを全部

吐き出して見えるランドスケープ

半年以上くすぶらせてる

イメージに灯を燈して


何だっけ失くしてしまった物

それでもいいんだって

僕等の引力で引き合い求め合うのだろう


それはワルツの様だね素敵さ

呟くようなさえずり聞きながら

まるでワルツの様にね 二人が

描き出してゆくもの


あぁ、とぼけた現実も原色で塗り替えてしまえ

引き寄せてあげるから ねえ

そこから踊り続けよう

二人だけのワルツ

提供: うたまっぷ