歌詞

陽の光を浴びて

MCU feat.高野寛

作詞
MCU/高野寛
作曲
MCU/高野寛

陽の光を浴びてなんとなく 今日は追いかけられる時間もなく

人に車に街並みに いつもよりも軽い足並み


陽の光を浴びて 陽の光を浴びて

そばにいるあなた 髪は風に舞い


陽の光を浴びてなんとなく 今日はなぜか不安もなく

風に景色に陽の光 そう思うがまま身を浸し

歩いていく 歩いていく

歩いていく そう二人で 歩いていく

陽の光に


陽の光を浴びて 陽の光を浴びて

坂道を登る すれ違う車

陽の光を浴びて この光を浴びて

そばにいるあなた 髪は風に舞い


いつもより早めの目覚めに いつもとは違う色が手招きをする

あくび混じりで緩んでる 今と空想を結んでる

背伸びした時 今さら目覚ましが鳴り

一瞬苦笑い

カーテンの外は 目を閉じるほどに昨日を消し去り 日が伸びる頬に

今日は特別じゃないが そんな気な僕です

陽の光にちょいと誘われ 寝転んで未来に過去まで

持論 都合 自分解釈でいい お日さまに気分は開く

何か得した午後0時のランチタイム このまま感じたい


陽の光を浴びて 陽の光を浴びて

坂道を登る すれ違う車

陽の光を浴びて この光を浴びて

そばにいるあなた 髪は風に舞い

歩いていく 歩いていく

歩いていく 歩いていく


大げさな僕のメモリアル 風と光で少し猫になる

通り過ぎる車に町並み

一日だけなんとなく秋味

ギターもうまくFの音が鳴る ような気がするだけか?頬赤く

気分 景色 思いが物語る 日差しが包み

少ない言葉数

伸びてきたヒゲも放り出し ちょうどよく今日は用事ナシ

君の手を握りしめ自然に しわ寄せることもなくみけんに

時計を気にすることもない日 季節はずれ今日衣替えし

歩いていく 日の光に歩いていく


ずっと探してたものは いつもここにあったから

それに気がついたとき 今日の空 雲の中 遠くまで 遠くまで


陽の光を浴びて 陽の光を浴びて

坂道を登る すれ違う車

陽の光を浴びて この光を浴びて

そばにいるあなた 髪は風に舞い

歩いていく 歩いていく

歩いていく 歩いていく

提供: うたまっぷ