歌詞

旅人

関ジャニ∞

作詞
HIKARI
作曲
HIKARI

冷たく吹き荒ぶ風が揺らす花を

同情の目で見てた幼い日

放り出されるのも悪いもんじゃない事

今更に気付き始めてる


好き放題散らかした部屋を片付けながら

少しやるせない気分になるけど


遠くで誰かが今 僕を呼んでる気がする

特別なココロで あてもない旅に出かけよう


立ち止まる交差点で飛び出す人達に

僕は今笑顔さえ溢れてる

限りある時間の中で相変わらず

廻る気持ち何故か愛おしくて


ひとつのムダもない暮らしが素敵なら

少しだけダサい僕でもいい


夢に見た楽園に 手が届かないとしても

歩き続けている この足を信じて行くよ


大切な場面が 例え色褪せても

あの人の言葉を忘れない


急いでまとめて来たノートも捨てるのさ

代わりに真っ白い僕が欲しい


夢に見た楽園にきっと辿り着けるから

絶え間なく漕ぎ出す あの船に乗って出かけよう


遠くで誰かが今 僕を呼んでる気がする

特別なココロで あてもない旅に出かけよう

提供: うたまっぷ