歌詞

うたかた

ポルノグラフィティ

作詞
岡野昭仁
作曲
ak.homma

夏の日に蜉蝣を見て

何故か愛しく感じた

羽音の調べは優しい子守歌に


土の中にかくれんぼ

そして地上に舞うのは

わずかにして息絶えまた土に還る


儚くも散り行く姿重なった


知らないうちにそこにあった

ただ押し寄せるあなたへの想い

胸は満ちて息が苦しい

どうか恋よ散らないでいて

還る場所はないはずだから


夜の海に光を灯す青い夜光虫

旅人が辿り行く道しるべなのか


薄明かり這いつくばっても行かなくちゃ


あなたまではひどく遠い

だけど足を止められない

道の途中は目に映らない

辿り着いた先にあなた

あなただけを捉えられたら


数多幾千うたかたと消えた想いを

空へと放って燦々と浴びてみようか


こんな気持ちを知っただけでも

幸せだと言えるのだろう

胸は爛れ締め付けられても

どうか恋を咎めないで

せめてしんと眠りに就かせて

提供: うたまっぷ