歌詞

夢の世界へ

平川地一丁目

作詞
白鳥英美子
作曲
白鳥澄夫

いつも強がりばかり

言っている君でも

たまには涙を

こぼす事もあるはず

そんな時には

思いきり泣くのもいい

悲しい事など ほら

すぐに消えるから


さあおいで 僕のところへ

小さなその手を のばしてごらん

夢の世界へ 連れてゆくよ

着がえなんかなんにも いらないから


誰にでも一度は

必ずあるものさ

くやし涙で

枕ぬらしたこと

だけどやさしい

朝の光を浴びれば

明るい笑顔が ほら

こぼれてくるから


さあおいで 僕と一緒に

小さな瞳で のぞいてごらん

花の妖精が 踊り出せば

誰もみんなすてきな

友達さ


さあおいで 僕のところへ

小さなその手を のばしてごらん

夢の世界へ 連れてゆくよ

素直な心だけが あればいい

提供: うたまっぷ