歌詞

ビー玉

大塚愛

作詞
作曲

昔ながらのサイダーの中に眠る心の玉

取り出してもっと広い光にあててみれば

知らない色も覚えて 磨けば光る心の玉


なんだかんだで お風呂で沈んだり失ったりで

今日まで生きてきたがんばりは 太鼓判


丸い丸いビー玉にうつるは ピースサインのあたしで

いつかまたのぞいた時も きっと笑ってるんじゃないかな


ちょっとブルーにおちた時でも忘れないで1つだけ

どんなにつらい虫に支配されてても忘れないで

隠れてた光も覚えて まだまだいけるこの先


ちょっと昼寝の時間を越えて 宇宙までの夢旅

気づけばあわてて また がんばればイイ。


丸い丸いビー玉にうつるは 弱虫なあたしで

自信は勇気はちゃんとあるの

カツ入れて 前を向いて 歩くだけ


うつる自分を 逃げずに見れば 逃げずに見れば見える


丸い丸いビー玉にうつるは ピースサインのあたしで

いつかまたのぞいた時も きっと笑ってるんじゃないかな


丸い丸いビー玉にうつるは ピースサインのあたしで

かわいいおばーちゃんになっても

きっと 笑顔をうつしだせるよう


そう 笑ってるんじゃないかな

提供: うたまっぷ