歌詞

横顔

矢野顕子

作詞
大貫妙子
作曲
大貫妙子

いつか声をかけてくれるかしら

あなたの隣りに坐りたい それだけ

きっと邪魔をしないようにするわ

話を聞かせてほしいだけ 一緒に

同じテーブルの端で

横顔 見つめてるの

大きな声であなたが笑ったら

何故か私も楽しくなる 不思議ね


今は違う友達にかこまれて

私を覚えていないのねやっぱり

小さく呟いた さよなら

心に届くかしら

誰も知らない あの時の横顔

昔のあなた見失って 欲しくないの

提供: うたまっぷ