歌詞

武蔵野

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

俺は空気だけで感じるのさ

東京はかつて木々と川の地平線

恋する人には 輝くビルも

傷ついた男の 背中に見えるよ


武蔵野の坂の上 歩いた二人

そう 遠い幻 遠い幻...


悲しい気分じゃないけれど

ニヒルなふりして笑う男の

電車にガタゴトゆられてたら

まるで夢のように蘇る


武蔵野の川の向こう 乾いた土

そう 幻 そんなこたねえか...


俺だけ 俺だけ 知ってる


汚れきった魂やら 怠け者の ぶざまな息も

あなたの優しいうたも 全部 幻 そんなこたねえか...


俺はただ 頭の中 イメージの中笑うだけ

俺はただ 笑うだけさ


武蔵野の川の向こう 乾いた土

俺達は 確かに生きている

提供: うたまっぷ