歌詞

優しくって少しバカ

作詞
井上貴志
作曲
井上貴志

10年前の宝の地図を 首に下げて 痩せた腕で 足りない頭で

ダッフルコートのフードをかぶって 信じるモノ 信じたモノ 変わってゆくモノ


憧れていたロックスターも 大金をかせいだ瞬間つまらないウソになった


上を向いて 歩いても 涙はこぼれて

雲の上の 幸せは 消し飛んだ こっぱみじんにも

でも僕には 新しい 地図など無いから 探すしかないんだよ

無くなったモノを


人生とかけて努力とといても その答えは 霧の中に 闇の中に消え

何を追いかけて 何を奪い取る 見えない敵 見えない的 見えない仲間と


いらいらしたり 舌打ちしたり 八つ当たり飛ばした瞬間 自分まで見えなくなった


未来を指す 道しるべなんて消え去って

何をたより よりかかり 生きてゆく ちっちゃい心で

せめて胸の ともし火は 消さないように 歩けたのなら

君を照らせるのに


ダッフルコートのフードをかぶって 甘えながら 頼りながら 寄り添いながら


傷口を 隠す手を そっと離して

古い地図の 示す地を 探しに行こう 半ベソかいても

せめて胸の ともし火は 消さないように 歩けたのなら

間違っていてもいい

笑われたっていい

提供: うたまっぷ