歌詞

五能線

水森かおり

作詞
木下龍太郎
作曲
弦哲也

どこへ行ったら あなたから

旅立つことが 出来るでしょうか

残りの夢を 詰め込んだ

鞄を膝に 列車旅

女 みちのく 五能線

窓いっぱいに 日本海


愛が終わった あの部屋に

あなたはいまも ひとりでしょうか

私の匂い するものは

どこかへ捨てて 邪魔ならば

過去を 置き去り 五能線

出直すための 衣替え


ひとり歩きに 馴れるには

時間が幾ら かかるでしょうか

終着駅の そこからが

本当は長い こころ旅

涙 みちのく 五能線

夕陽が落ちる 日本海

提供: うたまっぷ