歌詞

自転車でおいで

矢野顕子

作詞
糸井重里
作曲
矢野顕子

○月×日 雨のちくもり

僕はだれかを好きと書く

それがだれかはわからない


窓の外を犬が歩くてゆく

黒いはな 黒いあし

いつもひとりでいる犬だ


知らないあなたに会いたいな


自転車でおいでよ

僕の家はすぐそこだよ

とうふ屋のかどから四軒め


○月×日 晴れのちくもり

僕はだれかがだれかを知る

そして名前を書いてみる


庭の池を猫がのぞいている

小さな猫 小さな水

いつもおなかをへらしてる


いつかはあなたに会いたいな


自転車でおいでよ

僕の家はすぐそこだよ

牛乳のあきびんがめじるしさ


自転車でおいでよ

僕の家はまだあるのさ

朝日と夕陽があたる家

提供: うたまっぷ