歌詞

赤く熱い鼓動

愛内里菜

作詞
愛内里菜
作曲
綿貫正顕

街の空は歪む 君は何色に見えるの?

人は列をつくって 目を伏せて歩く


この時代 勝ち残るのはクールでタフな人らしい

たとえば僕が安心できる居場所 どこにあるのでしょう


赤く熱い鼓動 それは自分だけしか聞こえない

孤独 その痛みさえ 僕の鼓動を速くさせてくんだ


夏に向かう太陽 僕の心まで1℃ずつ

あおり 急かしてゆくよ 果てしないエナジー


この先 願い叶うことなんて ほんの一握り

だったら ひとつ つかんだチャンス

すべてそこに注ぎこめ


赤く熱い鼓動 みなぎる力の行く先決めた

他人(ひと)にどう見えても ひとつ前の自分に勝っていたい


あの日見つけたよ 君に見せたい未来

そして君を離さないと誓った


赤く熱い鼓動 張り裂けそうな胸を突きだし

こんな場所でおわる 僕じゃないってことを伝えたい


赤く熱い鼓動 そのプライドにかけてもう一度

強く立ち上がって 駆け出しはじめてく僕を信じて

提供: うたまっぷ