歌詞

月が近づけば少しはましだろう

ASKA

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

いろんなこと言われる度にやっぱり 弱くなる

いろんなこと考える度に 撃ち抜かれて


恋人も知らないひとりの男になる


壁にもたれて もう一度受け止める

小さな滝のあたりで


角を曲がるといつも 消え失せてしまう言葉だけど

心の中では 切れて仕方ない


この指の先でそっと 拭きとれるはずの言葉だけど

積もり始めたら 泣けて仕方ない


ごまかしながら生きて来たなんて 思わないけど

夢まみれで滑り込むような事ばかりで


毎日の自分をどこか 振り分けてた


僕の中を 通り過ぎ行く人

ほんの一瞬の人


朝の改札では 大勢の人が流れて行く

カーテンを引いて ベッドに転がる


静かに変る時間を 閉じるように瞼を閉じる

月が近づけば 少しはましだろう


動きたくない身体を 毛布に沈めて聞いてた

鳴り止まないサイレンの音 胸の音なのか


角を曲がるといつも 消え失せてしまう言葉だけど

心の中では 切れて仕方ない


この指の先でそっと 拭きとれるはずの言葉だけど

積もり始めたら 泣けて仕方ない


静かに変る時間を 閉じるように瞼を閉じる

月が近づけば 少しはましだろう

提供: うたまっぷ