歌詞

ひとつしかない地球

宮沢和史

作詞
宮沢和史
作曲
宮沢和史

広げた地図のこの世界のどこか いつか知り合う友だちがいる

顔も言葉も食べるものも違う 見知らぬ君を探しにいこう


一人のちから小さいけれど 君と一緒なら出来るはず


ひとつしかない地球の上で 僕らの笑顔が花になる

一人にひとつずつの命 地球と同じ重さの命


どこまで続くこの海の向こうで 涙を流す人たちがいる

声も背丈も髪の色も違う 君も今日から僕らの仲間


一人じゃとても叶わぬ夢も 力合わせれば届くだろう


ひとつしかない地球の上で 僕らの笑顔が花になる

一人にひとつずつの命 地球と同じ重さの命


ひとつしかない地球の上で 僕らの笑顔が花になる

一人にひとつずつの命 地球と同じ重さの命

ひとつしかない地球の上で 僕らの笑顔が花になる

一人にひとつずつの命 地球と同じ重さの命

地球と同じ重さの命

提供: うたまっぷ