歌詞

sister

Janne Da Arc

作詞
yasu
作曲
yasu

街路樹も雨に濡れた 午前0時

イラだちが消せないから 麻酔かけて


あなただけを ずっと この地下室に閉じ込めて

繋いだ鎖 だけど 手錠だけは外してあげる

朝が来ても 「愛してる、、、」と繰り返して

餓えたベッドで 夜ごと あなたに似た子を宿すまで


抱きしめて 強く

kissをして 感じたい

真っ赤な雫を搾るまで壊して

今から舌を噛むから優しくして

あなたの背中を見たくない ただそれだけ


枯れた花 まだ捨てない あなたがくれた

ここにきて、、、本当の愛が見えたでしょ?


月明かりが そっと 照らす

笑顔が綺麗でしょう

私の他に誰があなたを救えると思う?


ゼロになったあなたの

その思考回路に

血迷った罪の意識を植え付けて

今から舌を噛むから優しくして

誰も見ないで 私だけ幸せにして


あなただけを ずっと この地下室に閉じ込めて

繋いだ鎖 だけど 手錠だけは外してあげる

朝が来ても 「愛してる、、、」と繰り返して

餓えたベッドで 夜ごと あなたに似た子を宿すまで


抱きしめて 強く

kissをして 感じたい

真っ赤な雫を搾るまで壊して

今から舌を噛むから優しくして

あなたの背中を見たくない ただそれだけ

ゼロになったあなたの

その思考回路に

血迷った罪の意識を植え付けて

今から舌を噛むから優しくして

誰も見ないで 私だけ幸せにしてね

提供: うたまっぷ