歌詞

Misty

KinKi Kids

作詞
堂島孝平
作曲
堂島孝平

「乾いた風を抱きしめたら ノドモト突きささったみたい」

小さく息を切らして 浜辺を走る君


両手で作った双眼鏡 愛しい背中を追いかける

真冬の海は灰色 心もくもりがち


うまくいかないことばかりでこの頃 不安になるよ

君までも失いそうだから


何度も話しかけても 言葉は風にさらわれ

僕には気づかないまま 君は霧の向こうへ 消えてゆく


過ぎ去る時間が切なくて カメラの日付を眺めてた

魔法のようにこのまま 閉じ込めておきたい


今日見た夢の鮮やかすぎるあの色 思い出せたら

君にだけ聞かせてあげたい


何度も話しかけても 言葉は波にさらわれ

僕には気づかないまま 君は霧の向こうへ 消えてゆく


うまくいかないことばかりさ近頃 だからあんまり

遠くまで行かないでおくれ


確かな声を聞かせて このまま立ち去らないで

確かなモノは君しか 残っていないから


何度も話しかけても 言葉は風にさらわれ

僕には気づかないまま 君は霧の向こうへ 消えてゆく

提供: うたまっぷ