歌詞

瞑想

day after tomorrow

作詞
五十嵐充
作曲
北野正人

冷えきったアスファルトを叩きつける足音

人混みに埋もれながら 明日を探している


受け入れたこの人生(みち)を

あてもなく進むの?

降り出した雨に 心ごと打たれて


舞い散る椿の花片(はなびら)

まるでヴィオレッタのように

美しい調べ

そして静かに目を瞑(つむ)るの


灰色の冬の風がボクの肌を突き刺す

痛みさえマヒするほど生きる意味も見えない


ぼんやりと浮かんでる

無垢な少女の頃

せめて眠るまで溶けてしまわないで


凍える椿の莟(つぼみ)は

ひとり次の春を願う

ほんの少しだけ

どうか ちから与え給えと


舞い散る椿の花片(はなびら)

まるでヴィオレッタのように

美しい調べ

そして静かに目を瞑(つむ)るの

提供: うたまっぷ