歌詞

卒業 ~坂道~

CHiYO

作詞
CHiYO & HIKARI & TORA
作曲
永澤孝志

学校まで続く緩やかな坂道 何度も何度も上ってたね

西へたなびいた 夕焼け染まる雲

何故だか時間の流れみたい 重ねてた


ねえ このままでいたいけど 旅立ちの時

黒板なんかで学んでたことは

何一つない けれども


教室(ここ)で学んだことはたくさんあるよ"生きるすべ"

ねえ 嬉しい時も涙は出るよ 忘れないでいよう

この一瞬(じかん)は未来に続く大切な時間(とき)さ


悩んだこととか笑ったことだとか本気でぶつかって背を向けたこと

バカ騒ぎしたね 最後の試合あと

3年なんてねあっという間にほらもうすぐ


この想い永遠と信じていたり あつく語る友との放課後

忘れないから ずっと


最後の授業告げる鐘の音 切なくなったよ

そう クラスメイトも旅立つことをためらう鳥みたい

きっとみんな大人になって時の流れになる


そうさ 半年前に決めた将来 まだあやふやだけど

いつか 昔と違うリアルになってた 迷うこと覚えた

そうさ 校庭にある桜の木々は雨に濡れながら

ほら 精一杯のつぼみになったよ 咲くのを待っている

ノイズ交じりラジオからは卒業のメロディー

いつまでも

今日の日は忘れないから ゆっくりと下りた坂道

提供: うたまっぷ