歌詞

メヌエット

山崎まさよし

作詞
Yamazaki Masayoshi
作曲
Yamazaki Masayoshi

大地を駆け抜ける風に

黄金の穂波がうねる


幾千も費やした人々の祈りを

確かめている


遥かなる時を超えてく思いが

降り止まぬ雨に耐えうる強さが


やがて愛するもののすべてに注がれていけばいい


ちぎれてはぐれてく雲が

鏡の水面を横切る


自らを疑わず 羽ばたく旅鳥は

最果ての地へ


もし今私が風になれたなら

険しい山の頂を越えたら


やがて愛する人のもとに何を届けるのでしょう

それは愛する人のそばで寄り添っているのでしょう


流れ落ちる涙の果てに

寝静まる冬枯れの季節に

見放された荒野の先に

人は何を見つめるのだろう


どこかで続く悲しみが

落日を赤く染めてく


震える命がただ望むのは

安らかな母の胸


知らぬ間に夜の闇が包んでも

たとえ言葉を失ったとしても


あなたが見えるただひとつの光であればいい

あなたが触れるただひとつの安らぎであればいい

やがてあなたの心の中に注がれていけばいい

提供: うたまっぷ