歌詞

君 連れ去る時の訪れを

GARNET CROW

作詞
Azuki Nana
作曲
Yuri Nakamura

いつまでも届く筈ない虹を追いかけていた

あの日の僕ら無駄になること分かつ喜びに溺れ

一日中触れていたい気持ち隠せずにいた

時を止める様な長い雨の音 露の世を映すように


君を連れ去る時の訪れを

降り続く雨こんな日は想いを巡らす

どんな出会いも別れがあるから

心の奥で 幸福(しあわせ)畏れた…


なんとなく感じてる安らぎから突然

陷いる場所は胸の奥の方 未だ残る歪んだ瑕疵(きず)?


君を連れ去る時の訪れと

物憂げな空迷い込む世界は未知数

手を繋いだら二度と離れない そんな出会いがいい

願ってしまうよ


大切なモノ傍に在る方がいい

いつか 実体なくなる(ぼくらきえる)ならなおさら

与えられた期限(とき)を愛しいモノで埋め尽くすように

何処を切り取っても……


僕ら連れ去る時の訪れと

揺れる雨空 切ない 幻(ゆめ)をみせるようで

終わることない 関係(あい)を望むから

儚さに今 涙がこぼれる


君 連れ去る時の訪れを

いつか愛しく抱きしめることが出来るのかな

ねぇ 天(そら)をみて晴れ間がみえるね

虹がもうすぐ 架かる頃だよ

提供: うたまっぷ