歌詞

色恋粉雪

柴咲コウ

作詞
柴咲コウ
作曲
崎谷健次郎

野に咲き冬耐える花

1人きりで震えていたら

あなたが拾ってくれた

そのまなざし 深すぎた


踏みつけられて 萎れそうで泣いていた

心通わせ 巡る暖かさ


粉雪舞い降る静かな路面

暗がりを踊り歩いた

小さな指先 そっと引き寄せ

紅色に染まる頬


枯れゆく木々を見つめて

幾度となく 時やり過ごす

誰かが教えてくれた

もうあの日は 戻らない


踏みつけられることに慣れていた花も

かえらぬ愛に胸が痛みだす


会いたくて どうして忘れたくて

眼を閉じて思い塞ぐ

小さな指先 そっとからませ

悲しみに染まる頬


色恋舞う風ざわめく通リ

眺めては身を反らして

重ねた手と手を そっと引き寄せ

口元で温める…


泣きだす程の恋しさは過ぎて

また1人 歩を進める

今はこの場所で灰色景色

行く先は人のなみ


粉雪が舞いおちる…

提供: うたまっぷ