歌詞

函館の女

北島三郎

作詞
星野哲郎
作曲
島津伸男

はるばるきたぜ 函館へ

さかまく波を のりこえて

あとは追うなと 云いながら

うしろ姿で 泣いてた君を

おもいだすたび 逢いたくて

とてもがまんが できなかったよ


函館山(はこだてやま)の 頂で

七つの星も 呼んでいる

そんな気がして きてみたが

灯りさざめく 松風町(まつかぜちょう)は

君の噂も きえはてて

沖の潮風 こころにしみる


迎えにきたぜ 函館へ

見はてぬ夢と 知りながら

忘れられずに とんできた

ここは北国 しぶきもこおる

どこにいるのか この町の

一目だけでも 逢いたかったよ

提供: うたまっぷ