歌詞

夏の終り

小田和正

作詞
小田和正
作曲
小田和正

誰よりも なつかしいひとは

この丘の 空が好きだった


あきらめないで うたうことだけは

誰にでも 朝は訪れるから


やさしかった恋びとよ そのあと何をいいかけたの

ぼくの言葉があなたを さえぎるように

こぼれた あの時


駆けぬけてゆく 夏の終りは

簿れてゆく あなたの匂い


今日はあなたの 声もきかないで

このまゝ こゝから 帰るつもり


そっと そこに そのまゝで かすかにかがやくべきもの

決してもういちど この手で 触れてはいけないもの


でもあなたが私を 愛したように


誰かをあなたが 愛しているとしたら

あゝ 時は さらさら 流れているよ


夏は冬にあこがれて 冬は夏に帰りたい

あの頃のこと 今では すてきにみえる


そっと そこに そのまゝで かすかにかがやくべきもの

決してもういちど この手で 触れてはいけないもの

提供: うたまっぷ