歌詞

春になれ

佐藤竹善

作詞
Chikuzen
作曲
Chikuzen

君を想ったら 冬の星座が周ってる

なにか誓ってみよう


空のまなざしは どこまでみてくれてるだろう

いつも望むばかりだな


明日はちがうユメが 全部を切り捨ててくなら

今日と同じように 愛と呼ぶのかな


There'll be a true love in spring-time

(春になれば確かな愛がうまれる)

You find the place and you dive

(その場所をみつけ飛び込むのさ)

澄んだ言葉はいつも 信じた君を哂うのさ


でも you know it's the only way

(君はそのやり方しかないって知ってる)

Even if you keep trying to fool yourself

(たとえ自分を騙し続けたとしても)

かき上げた砂 星と混ざりあう


君を想ったら 箱の記憶が騒いでる

なにか歌ってみよう


こんなひとりでも 季節に痩せない羽がある

今は風に吹かれてよう


語られるユメが もし誰かを拒むのなら

みんな頷いても 愛と呼ぶのかな


There'll be a true love in spring-time

(春になれば確かな愛がうまれる)

You find the place and you dive

(その場所をみつけ飛び込むのさ)

澄んだ言葉はいつも 信じた君を哂うのさ


でも you know it's the only way

(君はそのやり方しかないって知ってる)

Even if you keep trying to fool yourself

(たとえ自分を騙し続けたとしても)

今はない星 光舞い降りた


I keep singing the same old song

I'm just waiting for you...

提供: うたまっぷ