歌詞

アヒルちゃん

山崎まさよし

作詞
YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲
YAMAZAKI MASAYOSHI

疑いのない目でどうか なつかないで

塗りつぶしたはずの過去がのぞくたび

むき出しの良心がつつかれる

ふところの秘密がこぼれそう

ハートを握りつぶしたくなる


愛おしい君のこと 想うたび

しまい込んだ出来事が重くなる

耳もとで囁く声がする

告白をそっとうながしてる

全てをうやむやにしてしまいたい


僕が嘘をついてたこと

いつ君の前で打ち明けようか

あれは実は成りゆきだよと

今さらそんなこと言って どうなるんだろ


忘れちゃうほど そんなにバカじゃないし

いなおるほど 心はタフじゃないし

逃げ出すほど 卑怯になれないし

つくろうほど 賢くもないから

鏡の中の姿 歪んでゆく


いつも都合の良い解釈で

僕の心はすり変わってく

けなげな君が信じ込んで

いつか傷つけるそれだけが恐いんだ


僕が嘘をついてたこと

いつ君の前で打ち明けようか

全てをさらけ出したところで

変えられないこのいやしさよ

提供: うたまっぷ