歌詞

六月の手紙

山崎まさよし

作詞
YAMAZAKI MASAYOSHI
作曲
YAMAZAKI MASAYOSHI

僕の部屋の向いの家族が引っ越してって

子供のはしゃぐ声はもう聞こえてこない

つい先週のあたまから


新しい友達はちょっと神経質で

とっつきにくいけど根はいい奴で

なぜか気が合うみたい


シャツに袖をとおすたびに

ブーツをはき古すうちに


少し浮かれてみたりして

少し落ち込んだりもして


君に手紙を書いている


この前知り合いの結婚式に出て

スピーチでほんの少しひんしゅくを買った

花嫁に笑われた


たまにスーツを着るたびに

靴ずれで足が痛くて


少し喜んだりもして

少し寂しかったりもして


そっちの調子はどうですか?


ありきたりな言葉だけれど

それなりにうまくやってるよ


少し立ち止まったりもして

少し流されたりもして


とりとめもなく

六月の空の下

君に手紙を書いている

提供: うたまっぷ