歌詞

イエスタデイ

sacra

作詞
木谷雅
作曲
木谷雅

あの日誓った夢の影が

ここまで伸びてきた

花びらが埋める坂道を

君と歩いていた


言葉はなくて それでもよくて

僕らの世界は永遠だと思ってた


桜並木の下で逢いましょう

そして季節はめぐり行くでしょう

長い髪が風に揺れてた

君だけを見つめていた


足速に過ぎる時間の中で

夢も姿を変える

いいわけばかりの逃げ道を

ひとり 歩いてきた


欲しがってみたり 自惚れてたり

拭えぬ過ち 君が遠くなる


桜並木の下で逢えたら

あの頃のふたりがいるのかな

涙色した雨の中で想い出すイエスタデイ

離れ離れの距離を埋めたくて

すれ違う心 抱き寄せたくて

その小さな君の笑顔が

まだこんなに愛しいんだよ


言葉はなくて それでもよくて

僕らの世界は永遠だと思ってた


桜並木の下で逢いましょう

そして季節はめぐり来るでしょう

涙色した 嗚呼 雨の中で想い出すイエスタデイ

例え世界が汚れてしまっても

廻り続けて行く明日へと

その小さな君の笑顔が

たったひとつの光なんだよ


あの日誓った夢の影が

春風に歌うイエスタデイ

提供: うたまっぷ