歌詞

ギター仁義

北島三郎

作詞
嵯峨哲平
作曲
遠藤実

雨の裏町とぼとぼと

俺は流しのギター弾き

"おひかえなすって

手前ギター一つの

渡り鳥にござんす"

峠七坂手を振って

花の都へ来てから五年

とんとうきめの出ぬ俺さ


風の冷たさ身に沁みる

俺は落葉かギター弾き

"おひかえなすって

手前おけさおけさの

雪の越後にござんす"

故郷想えば初恋の

死んだあの娘も生きてりゃ廿才

俺もあん時ゃうぶだった


情け横丁今晩は

俺は流しのギター弾き

"おひかえなすって

手前宿なし雀の

流れ者にござんす"

暗い酒場の片隅で

そっと笑ったそら似の人の

何故か気になる泣き黒子(ほくろ)

提供: うたまっぷ