歌詞

なくな夜がらす

北島三郎

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

啼くな夜がらす悲しい声で

俺はいやだよそんな声はいやだよ

啼くな夜がらすすてた昔を

想い出すじゃないか


君とながした木の葉の小舟

川のある町遠くなったふる里

啼くな夜がらす胸の古きず

痛みだすじゃないか


今日も昨日の続きで更ける

夜のつらさに息が白い窓辺よ

啼くな夜がらす明日もひとりで

生きてゆこうじゃないか

提供: うたまっぷ