歌詞

娘がねじれる時

井上陽水

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

真夜中の街角にキラリと光る

のら猫の瞳ではまさかあるまい

家出する娘には行くあてもない

おちついて考える事が出来ない


公園のベンチよりホテルの部屋で

恋人の唇が好きと動いた

勇気なら持ちなさい 得になるから

リンゴなら食べなさい 中の中まで


そのとき夜空がゆがむ

悲しい娘もゆがむ

心と体と愛がねじれる


娘には父親が5人も居たが

父親の会社には守衛も居ない

情熱と生産は反比例をし

社長には8人も愛人が居た


母親はいつまでも娘を探し

街中の札つきとネンゴロになる

父親はこれまでと闇に目をやり

のら猫の瞳から愛を感じる


そのとき夜空がゆがむ

悲しい娘もゆがむ

心と体と愛がねじれる

提供: うたまっぷ