歌詞

風味堂

作詞
KAZUHISA WATARI
作曲
KAZUHISA WATARI

こんなにブルーな日はなんだか眠れない

ひとりぼっちのなぜか寒い夜

どうしよう…

心の中のすき間風


世界中で僕達だけが酔いしれる事のできる動物だから

夢のまたその夢あたりで グラスをかたむけよう


君と僕と昔よく会った仲間と

お酒を飲もう空っぽになるまで

みんなリンゴみたいに

真っ赤な顔して なんかおかしいね


世界中で僕達だけが酔いしれる事を許されているから

洒落たJAZZでも聴きながら いつかの恋はメロディーに…


過ぎ去りし時を舞い戻り あさはかな僕らは夢うつつ

空回りは若気のいたり 空いたグラスに囲まれながら

空を見上げるうしみつどき 君はもういない

ただ月ひとしずく 照らすだけ…


世界中で僕達だけが酔いしれる事のできる動物だから

夢のまたその夢あたりで グラスをかたむけよう


世界中で僕達だけが酔いしれる事を知る事ができたのは

世界中でたったひとつ悩み涙を流す動物だから


酔いしれて


月も雲がくれする程に


今宵焦がれて…

提供: うたまっぷ