歌詞

滑走

中村雅俊

作詞
工藤哲雄
作曲
都志見隆

このまま月まで走ろうか?

heartにジェットを積んで

どんな夢も叶えてきた

俺達は人類(ひと)のはしくれなのさ

この道 明日への滑走路

流れる街は流星(りゅうせい)

昨日よりももっと熱い

情熱をひっさげて

まっさらな朝を

あんたの色に塗り替えりゃいいんじゃない?

いい夢見てるか いい顔で笑えてるか

魂のオーロラが

昇る瞬間をみせてやれ

いい瞳(め)をしてるか いい風を吹かしてるか

運命を悟るにはまだ早い


この手に世界をつかもうか?

乾いた心を満たせ

どんなこともありと願う

幼い心は死にはしない

静かに眠った魔天楼

すべてのテールライトを

追い越して追い越して

手に入れるdaybreakは

明日になるのを

ただ待っていた朝焼けと別物さ

言い訳しないで いい顔で生きてるか

涙に叩かれながら

もっと俺達は強くなる

何かを為し得て いい風を知りたいよ

人生を語るにはまだ早い

提供: うたまっぷ