歌詞

REVERSE

TETSU69

作詞
TETSU69
作曲
TETSU69

星空見上げては想い馳せる

遠い日の微かな記憶辿ってみる あなたはいない

いつかまた逢えると信じている今はただ

風に吹かれて空の道を彷徨い歩く


叶うのならば全て捨てて君に捧げよう たとえ灰になっても

微笑む君が傍にいれば迷いはないさ この手離さないよ


柔らかな日差しに包まれてた あの日々に

もう一度だけ戻れたなら素直に言える

眠りから醒めても 夢の続き見てるよう

過去と未来の迷路の中 迷ったみたい


流されて行く時の中で立ち尽くす僕 悲しみが残る

諦めないさ 君と居れば怖いものなど何もなかったよ

遥かかなたで微笑む 君に逢いたくて


こぼれた手のひらから宇宙へ堕ちてゆく鮮やかな未来にはもう…


叶うのならば全て捨てて君に捧げよう たとえ灰になっても

微笑む君が傍にいれば迷いはないさ この手離さない

このまま堕ちてゆくのも悪くはないよね

幻でもかまわない 夢よ醒めないで

提供: うたまっぷ