歌詞

ビードロの夜

aiko

作詞
AIKO
作曲
AIKO

じゃあ 無言のままでもいい このまま途絶えないならいい

たまに聞こえてくるのなら 息づかいや大きな溜息でもいい


そっちで鳴ってる救急車


打ち上げ花火の影 ビードロ色の涙は受話器じゃ気付かれなくていい

ただ「あなたが元気で幸せでいればそれでいいの」と並べた言葉は嘘


逢えないのも触れないのもあたしがいないのも全部嫌

本当は結局はそんな場面想像するだけでも嫌


今この部屋にあるのは隙間なく埋め尽くされた「好き」

時計の針はそっと回って気が付けば知らず空は明るい


考えすぎたあなたの事


最高と最悪を一度に思い描きどうにかなってしまいそうよ

初めて逢った冬 香り放つ冷たい冬 忘れられない目の奥


逢いたいから溺れたいからあなたにふれて確かめたい

あたしの胸の中が擦り切れる音が本当に聞こえるのか


いつもいつも決まって顔を上げる時は あなたがあたしを追い越した後

やっと真っ直ぐ見つめられるけど

唇噛んだ姿あなたは知らない


逢えないのも触れないのもあたしがいないのも全部嫌

本当は結局はそんな場面想像するだけでも嫌

提供: うたまっぷ