歌詞

12個の季節~4度目の春~twelve seasons

川嶋あい

作詞
Ai Kawashima
作曲
Ai Kawashima

初めて会った頃よりずいぶん髪が伸びたよね

僕にとってこれが最初の恋と知ったのは桜の下

コンビニの角を曲がり いつもの駅へかけてゆく

仲間に隠れながら君のちらつく横顔を見てた

照れくさいね君が見てると 放課後の熱いバスケ

セピア色した夢のフィルムは 僕らだけの足跡

もう一度 青春 校舎で 笑い合った日々と約束を

一瞬 永遠 未来と 残されている今日の日


黒板 白いチョークで二つのイニシャル並べた

疑われた翌朝君は 僕のせいだと気づいてた?

二年前の真冬の夜に 書きかけた君への手紙

屋上にある置き去りの空 二人で見たかった

卒業アルバムに残る 笑顔がとてもとてもまぶしい

見慣れた街並み、夕暮れ 壊れそうな気持ちだよ


たった12個の季節を一瞬で駆け抜けた

4度目の春は別れ


弱虫 強虫 いろんな顔が見えたよ全部好きだった

告白なんてできないよ このまま友達でいい

明日は「さよなら」するけど 僕のこの初恋は旅立つ

最後に流した君の 涙ずっと忘れない

提供: うたまっぷ