歌詞

閉ざされた画室(アトリエ)

ALI PROJECT

作詞
Arika Takarano
作曲
Mikiya Katakura

世界の果てから

見たなら ここが

世界の果てね


曇った 天窓

年老いた画家が

暮らす 室(へや)よ


世界中に あふれる

色という色を

見てきた あなたが


描いた 少女像(わたし)は

画布(キャンバス)のうえで

蒼く 沈み


わたしより先に

大人になってく


暖炉を 灯した

夕暮れ 天へと

むかうのは 炎


わたしは かじかむ

あなたの乾いた

指を つつむ


くずおれた灰に

おちるのも炎


その胸に 深まる海で

泳ぎを止めた

哀しみの 魚たちの行方

わたしにきかせて

ああ 欲しいと思う


わたしの眸は

未来を見つめても

輝けないのに


あなたは色褪せた

写真の青年の

眸のまま


しずかに絵筆は

遠い日を写す


その胸の 奥の窓辺で

かつて唄った

喜びの 小鳥たちのなかの

最後にわたしを

ああ 置いてください

提供: うたまっぷ