歌詞

風の住む町

中村雅俊

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼

キャッチコピーで 飾られてる街の中で

すれ違うのは 無国籍の人ばかりで

俺の瞳も同じ色をしてた

何処までが 本当の俺なのか


電車のホーム 手を振る向こう岸の俺

右と左へちぎれるように 微笑み残して

誰のもとに急ぐのか

退屈な夜を俺にあずけて


もう夢でしか たどれないかな

ジグザグの頃

もう夢でしか 捜せないかな

俺の住む町


Ah はみ出しては Ahこぼれ落ちた寒さに

温もりを見てた

温もりを見てた


ドアを開ければ いつも季節が違ってた

空は何度も 近くなったり離れたり

誰を恋しがりながら

足跡は壊れかけてるのか


もう夢でしか たどれないかな

ジグザグの頃

もう夢でしか 語れないかな

風の住む町


Ah とり出しては Ah 泣けそうな夜の隅で

抱きしめ合いたい


もう夢でしか たどれないかな

ジグザグの頃

もう夢でしか 捜せないかな

俺の住む町

もう夢でしか たどれないかな

ジグザグの頃

もう夢でしか 語れないかな

風の住む町

Ah とり出しては Ah 泣けそうな夜の隅で

抱きしめ合いたい

抱きしめ合いたい

提供: うたまっぷ