歌詞

早春

島谷ひとみ

作詞
shungo./中野雄太
作曲
中野雄太

あの日流した涙 その理由(わけ)が今 やっと理解(わか)った

君は瞳(め)を伏せたまま 疲れた羽を休められずに


淡き光立つ浅き春の故郷(まち)

君だけがいなくて

雪解けの雫頬(ほほ)つたい

何度も 何度も こぼれ落ちる


降り積もる想いがある

誰にも 春にも 溶かせないのなら

もう閉ざされてく…閉ざしてゆく

君のための心


大空(そら)を渡りゆく 行方告げぬ鳥

夢追う君のよう

約束もなくて…さよならも

許して許して詰(なじ)ったこと


流れてく季節の中

昨日も 明日(あした)も君を待っている

でも帰れないね…帰らないね

夢が叶うまでは


あの日流した涙 その理由(わけ)が今 やっと理解(わか)った

君は瞳(め)を伏せたまま 疲れた羽を休められずに

…休められずに

提供: うたまっぷ