歌詞

Adolf

PIERROT

作詞
キリト
作曲
アイジ

まだ何も知らない無邪気な君ヘ

ホラ 未来はこの腕が握ってる

限り無く広がる右脳の許容量(キャパシティ)

強力な流れにその身を任せて


軽く頬口付けて…それだけで


まだ誰も知らない架空の都市ヘ

ホラ 意識はそこへと向かっている

果てし無く進化してゆく精神論(イデオロギー)

無理解な大衆のみを切り捨てて


優しい君の声が 背中を押した


千年先には素晴らしい理想の世界で

この血を受け継ぐ子供達が権力を握るだろう


時には膝の上で眠りたい夜もある

優しい君の声が 背中を押した


千年先には素晴らしい理想の世界で

この血を受け継ぐ子供達が権力を握るだろう

提供: うたまっぷ