歌詞

夢の真ん中

河口恭吾

作詞
河口京吾
作曲
河口京吾

溶けた氷を指でつついた

静けさより重い湿った風

ふせた瞳にあふれてる君の

その涙にかえす言葉がない


サヨナラをくりかえして僕らは

さがしてたものを見失う

サヨナラをくりかえして僕らは

夜空の月を見上げる


さめた季節をたぐりよせては

変わらない街並みで立ち止まるよ

あの日笑った僕らの瞬間を

いまでもどこかで探している


サヨナラをくりかえして僕らは

出会いの意味を知るだろう

やさしさを手放して僕らは

かなしい夢から覚める


サヨナラをくりかえして僕らは

さがしてたものを見失う

サヨナラをくりかえして僕らは

夜空の月を見上げる


夜空の月を見上げる

提供: うたまっぷ